2007年01月19日

The Lost Room #1.03

ロスト・ルーム』 シーズン1 第3話 「The Eye and the Prime Object」

多くの "アイテム" が、とある刑務所の地下に保管されていると知ったジョーとカール。キーを使って潜入した二人だが、ジョーが探し求めている物はそこには無かった。だが、自分が欲しい物を全て手に入れたカールは、"アイテム" を集めている本当の理由を話し始める。聞かされたカールの計画に反対したジョーは、そのまま刑務所内に閉じ込められた。

屋敷に戻り計画を進めるカール。それを察知したジェニファーは "リージョン" のメンバーを従えて、計画を阻止するためカールの屋敷を襲撃するのだが...。

計画を止められるのは "最重要アイテム" である生きた人間、10号室の客だった男しかいないと気づいたジョー。ウォーリーやウィーゼルらの力を借りて、男の居場所を探し当てたジョーだったが...。

一方、"オーダー" から "アイテム" を盗んだため、命を狙われる事となったマーティンは、自分を殺しに来た刺客に、自分こそが新たな神となると告げるのだった...。

* * *

とりあえず事件は解決したものの、まだまだ謎は残されています。シリーズ化されるかどうかは、まだ分からないみたいです。4月にはアメリカ盤DVDが発売されるようです。

ロスト・ルーム [DVD]
ロスト・ルーム [DVD]
posted by キント at 22:52 | Comment(0) | The Lost Room

2007年01月05日

The Lost Room #1.02

ロスト・ルーム』 シーズン1 第2話 「The Comb and the Box」

カールに捕まり、キーを渡せと迫られるジョー。消失した娘を取り戻すためにキーが必要だとジョーが答えると、カールはお互い協力し合おうと提案する。カールも白血病の息子を治すことができる "アイテム" 義眼を探し求めているのだった。

"アイテム" が悪用されないよう収集し保管しようとするグループ "リージョン" のジェニファーに協力を仰ぐと、娘を見つけられるのは、誰も見たことのない "最重要アイテム" しかないとのことだった。その情報を知っているらしきハロルドを探すジョーとジェニファー。しかし、髪をとかすと10秒間 時間を止められる櫛(クシ)を持っているハロルドは、二人が櫛を奪いに来たと勘違いしてしまう。櫛を駆使して(←わざとじゃないんです、たまたまなんです)逃げ回るハロルドをやっと捕まえ、説得したジョーたちは "アイテム" の一つであるポラロイド写真を手に入れるのだが、そこに現れた "オーダー" の追っ手から襲撃を受けてしまう・・・。

"アイテム" は神の遺体の一部であり、全てを揃えると神と対話することが出来ると妄信するカルト集団 "オーダー"。"アイテム" のメガネを手土産にメンバーに加わったマーティンは、ジョーからキーを奪うよう指令を受ける。

その頃ポラロイド写真をヒントに、実在するサンシャイン・モーテルを発見したジョー。しかしそこは9号室までしかなく、10号室は初めから存在しなかったと分かる。娘の手がかりを失い、途方に暮れてしまうジョーだったが、ふと9号室の中に閉じ込められた亡霊の存在に気づく。娘もあの亡霊のように、幻の10号室に囚われているのではないか? そう考えたジョーは、9号室の亡霊と対話しようと試みるのだった...。

* * *

あぁぁ、タイトルが「櫛と箱」なのに、ストーリー紹介に箱のこと書けませんでした。箱とは腕時計の箱のことで、周りの物を腐らせない力があります。ま、たいして重要な力じゃないと思うのですが、"アイテム" には単体での力とは別に、他の "アイテム" と組み合わせると発揮する別の力があるわけです。

例えば、キーは単体ではどこでもドア、櫛は時間を止められる・・・でしたが、この二つに腕時計の箱を加えると、別次元(ここでは幻の10号室)に入れる力が現れます。

ホント、僕の下手な文章だけではうまく説明できなくてすみません。WOWOWかどっかで放送してくれないかな〜コレ。

ロスト・ルーム [DVD]
ロスト・ルーム [DVD]
posted by キント at 18:58 | Comment(0) | The Lost Room

2006年12月28日

The Lost Room #1.01

ロスト・ルーム』 シーズン1 第1話 「The Key and the Clock」

一瞬にして黒焦げにされたような変死体が発見された。事件の担当となった刑事ジョーは唯一の目撃者を追うが、その男も何者かによって撃たれてしまう。男はジョーにとあるキーを託して息を引き取った。

それは、サンシャイン・モーテルの10号室と書かれた何の変哲も無いただのキー。しかしそのキーでドアを開けると、その先は必ずモーテルの10号室となる。そして一旦その部屋に入り、外に出るため再びドアを開ける時に行きたい場所を念じれば、どこでも好きな場所に出られるという不思議なパワーをもつキーだったのだ。そしてジョーはキーだけではなく、謎の10号室に関連する"アイテム"には全て不思議なパワーが込められていることを知る。

以前からキーを狙っていたウィーゼルは、ジョーの娘アンナを誘拐。キーとアンナを交換する取引現場で、争いになるジョーとウィーゼル。その隙に落ちたキーを拾ったアンナは、外に逃げ出ようとドアを開け...そのまま消失してしまった。

お前のせいで娘が消えたと責めるジョーに、ウィーゼルは娘を元に戻す"アイテム"があると教える。だがそれは"アイテム"のコレクターであるカールが厳重に保管していると。娘が無事に戻って来さえすれば、キーなどくれてやると言うジョー。こうして、嫌々ながら協力し合い、カールの屋敷に忍び込むジョーとウィーゼル。

その頃、ジョーの同僚マーティンも"アイテム"の存在を知り、取りつかれたようにそれを追い求め始めていた...。

* * *

えーと、このドラマは打ち切りになったわけじゃなくて、最初から3話しかないミニシリーズです。評判が良ければシリーズ化を考えているそうですが、微妙な感じなのでこちらのブログで取り上げてみました。

ま、このキーは 『ドラえもん』 の 「どこでもドア」 みたいなもんですね。上のストーリー紹介に書くと説明が長くなるので書かなかったことを一つ。それは、最初にドアを開けたけど中(10号室)に入らず、外からまたドアを閉めた場合です。例えばドアを開けて外から10号室に何か物を放り込みます。で、一旦ドアを閉めてからまた開けると部屋の中がリセットされて最初にドアを開けた時の状態に戻ります。つまり放り込んだ物はどこかに消えてしまう。ジョーの娘アンナが消えたのもこの現象です。アンナが10号室に入った時、追いかけてきたウィーゼルともみ合いになって、アンナだけを中に残したままドアが閉まってしまい、また開けたら消えて居なくなっていたと。ただ、これには例外があって、放り込んだものが"アイテム"だった場合は、その"アイテム"は消えずに部屋の中に残ります。

ロスト・ルーム [DVD]
ロスト・ルーム [DVD]
posted by キント at 01:15 | Comment(0) | The Lost Room
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。